婚期に焦る妙齢の喪女もとい魔女

ブランウェン

Branwen

〝魔女の森〟へ続く最後の宿場町ウィッカンホルトに住む町の魔女。グエンドリンとは旧知の仲で、修行のために町を訪れたジッタに魔女の作法や生き方を教えてくれる。

 

面倒見が良くジッタのことでもあれこれ世話を焼いてくれる。おおらかで細かいことは気にしない。要するに肝っ玉母ちゃんなので、時にオバサンぽく見えることもあるが、本人は結婚を焦っていることもあって若く見せたがっており、そういう評判をかなり気にしている。

 

モテない、モテたい、男欲しい、どっかにイイ男がいないかしらといった言動が完全に口癖になっており、そのせいで街の人にはたまに影で「ウィッカンホルトの魔女ならぬウィッカンホルトの喪女」という不名誉なあだ名で呼ばれていたりする。本人には内緒だぞ、ヘコむから。

戻る
戻る
戻る
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2015 Searothonc  All rights reserved.